しまうま倶楽部/カルチノイドと神経内分泌腫瘍患者と家族のために
Text Size :  A A A
|  ニュース  |  なぜシマウマ  |  お知らせ  |  リンク  |  仲間たち/PRRT情報  |  メール  |  広場  |  がん情報サービス  |
|  日経メディカルオンライン  |
|  自己紹介  |  ノヴァルティス社HP  |
|
膵内分泌腫瘍の患者である目瀬さんの挑戦について書かれていますが、手術不可の状態にあるNET神経内分泌腫瘍(カルチノイド含む)の患者にとって有望な治療法であるPRRTの可能性を示唆しています。
国内では未承認の治療法であり、自費であるためハードルは高いのですが、2009年以降カルチノイドと膵内分泌腫瘍といずれも半々くらいの割合で患者が治療を受けています。(2012.10現在)
Img_9fab102db18255aacea3a2bd5305f8f98ccf4d59
治療を求めてスイスへ